きしのし

定年が近いおっさんの日記です。旅行、鉄道、ポタ、メシ多めです。

スマートプラグ

遠隔操作可能な赤外線リモコンについては便利です。我が家には遠隔操作可能な電源プラグ(スマートプラグ)もあります・・・がこちらは意外と使い道がありません。

コーヒーメーカーのスイッチを入れるとかも考えたのですが、前日に準備さえしておけば起床時にスイッチを入れれば洗顔終了までにコーヒーはできあがっています。炊飯器や電子レンジは人間がスイッチをONにしないと動作しないので、リモコンの電源操作は意味がありません。

当時、勢いで買ったものなのですが、タイマー使って起床前にホットカーペットをONにする程度の使い道しかありません。みなさんどういう使い方をしているんでしょ?

 

 

//

 

浜松/浜名湖界隈遠足(Day2-2) 楽器博物館

浜松散歩も最後です。

スズキ歴史館を後にして浜松駅まで戻って車を返却し、最後は楽器博物館です。浜松界隈はこの手の地場産業(?)に関連した博物館がたくさんあって楽しいですね。
楽器博物館は文字通り楽器の博物館で、世界各地の多彩な楽器が展示されています。もちろん博物館なので古いものが多いのですが、言うほど古くないものもあるので「これ見たことある」とか「演奏してた」なんてものもあるのではないかと思います。

もちろんYAMAHA河合楽器のお膝元ですから鍵盤系は多数あります。ピアノの変遷には驚くばかりですし、100年以上前のリードオルガンが展示してあったりとなかなか興味深いです。特に初期のハモンドオルガンはどんな音が出るのか気になります。また、アジアや中東の楽器もありました。アジア圏は北東アジアは弦楽器が多いのに対し、南アジア圏は弦楽器はあまりなくて打楽器系が多く、中東まで行くと弦楽器が増えるのですが、それもちゃんと理由があることがわかり勉強になりました。

でも、個人的に一番ツボだったのは、DX7 です。見たときに「お~っ!」となりましたもん。

DX7。当時持っている友人は羨望でした。

KORGのTRIDENT。こちらも懐かしい機材です。

ガムランのフルセット。圧巻です。

そんなわけで楽器博物館には閉館時刻の17時まで滞在し、その後帰宅しました。

浜松界隈だと、YAMAHAイノベーションロード が日曜は開館していなかったので行けませんでしたので次回の課題です。

//

浜松/浜名湖界隈遠足(Day2-1) スズキ歴史館

Day2最初に向かうのは舘山寺です。


パルパルに隣接するロープウェイに隣接する駐車場に駐車してロープウエイで展望台まで登りました。天気が良くて浜名湖を一望するだけではなく遠く太平洋まで見ることができました。それにしても、展望台ってそれなりの人数が乗車できるロープウエイを10分ヘッドで動かすだけの集客力があるんですね。

家康くんってピアノの袴、みかんの家紋、うなぎの髷だったんですね。バリィさんみたい。

 

続いて浜松市内に戻りスズキ歴史館です。こちらは予約が必要ですが、満になることはなさそうなので直前にサイトから予約すれば大丈夫だと思います。

ゴールデンウィークトヨタ産業技術記念館に行きましたが、そのスズキ版といったところでしょうか。新旧というよりも、どちらかというと旧の車やバイクが展示してあります。ものすごく古いというわけではなく、自分の世代にわりとぴったりした感じだと思います。

あまり大きな場所というわけではありませんが、たくさん展示があります。

 

自分もその昔スズキのバイク(GSX250)に乗っていましたが残念ながら展示はありませんでしたが、当時一度は乗りたいと思っていたXN85TやGN650Gも展示してあって涙ものです。あと、近所のおじさんが乗っていたフロンテがあったり、「金はないけどマイティボーイ♪」のマイティボーイが展示してあったりでなかなか楽しかったです。

フロンテクーペの後ろ姿はかっちょいいです。

こんなマークもありました。若い人は知らないと思います。

//

浜松/浜名湖界隈遠足の宿 東急リゾートタウン浜名湖 ホテルハーヴェスト浜名湖

宿は「東急リゾートタウン浜名湖 ホテルハーヴェスト浜名湖」です。

静岡旅割のおかげで1万円引きで宿泊できます。奥浜名湖に面した部屋は広さもそこそこあって快適です。部屋と眺めは快適ですが、風呂とメシはイマイチでした。大浴場は広くなく、自分はタイミングがよかったのかそれほど混んでいませんでしたが、奥さんは何回行っても「密」な状態で諦めて部屋でシャワーで終わらせました。

食事は朝/夜ともバイキング方式です。夕食は品数が多いというわけでもありません。一応地元名物ということでひつまぶしと浜松餃子富士宮やきそばがあった程度です。普通にお金を払って食べると5000円ちょっとのようですが、正直言ってこの内容で5000円以上というのはちょっと・・・という感じです。

浜名湖SAにも立ち寄りました。

夕食の1。な~んかショボいんですよ。確かに帆立も鰻もあるんですが、「で?」って感じになっちゃうのは何故なんでしょう。。。

夕食の2: うなぎも富士宮やきそば浜松餃子もあるんですが・・・

朝もバイキングなのですが、品数が少なくて食べるものがありません。ドーミーインの朝食レベルを期待してはいけないのですが、もう少し頑張りませんか?というレベルです。東横イン/スーパーホテルよりは若干マシかな、という程度です。

朝食。葉っぱ類は映っていません。

でもまぁ、チェックアウトは11時ですし、部屋も広くてビジホとは全く異なります。
このレベルの部屋の宿は海外ではちょうちょく泊まっていますが日本では久々な気がします。

//

浜松/浜名湖界隈遠足(Day1-2) 航空自衛隊浜松広報館エアパーク

静岡旅割を使った浜松遠足。Day1後半は航空自衛隊浜松広報館エアパークです。

こちらもなかなか楽しいのですが、駐車場の係員さん曰く「自衛隊員だって国家公務員だから土日は休み。飛行機は飛ばない。マニアは平日に来るよ」と言っていました。ま、考えてみれば当たり前で、土日も戦闘機が飛んでいたらある意味非常事態です。

それはともかく、けっこう面白い(興味深い)ところでした。天球型のシアターもあって航空自衛隊のプロモーションビデオも見ることができます。

それにしても、他国に対し武力侵略しているロシアの隣国としてはもっと予算をつけてあげないといけない、と思います。

自衛隊見学は16時までなので寄り道しながら宿に向かいます。

F2のモックアップ展示です。

さりげに高射砲が・・

エアインテークが正面なので、なーんか顔に見えるんですよね。

なかなかおもしろかったですが、旧機種ではなく現役機もたくさん観られるといいなぁ、と思います(さすがに無理かな)

//

浜松/浜名湖界隈遠足(Day1-1) 春華堂工場見学

なんとか割が盛んですが、静岡旅割というものを静岡県が実施しています。静岡旅割は関東圏では神奈川だけが隣接県になっています。東京都、千葉県、埼玉県は隣接県ではないので使えません。神奈川県民の特権です。山梨も隣接ですが関東ではないので除外です(偏見)。

というわけでは、これを使って一泊二日で浜松あたりに行ってきました。新幹線(こだま)で浜松まで行き、車を借り出してスタートです。

よく考えると浜松から新幹線に乗車することはときどきありますが、浜松で下りた記憶があまりありません。階段で早速見舞われました。

最初は春華堂の工場見学です。工場見学できてお土産までもらえちゃうという夢のような場所です。

お土産もらえます!

工場はよくある感じの製菓工場ですが、ちょうど検査のラインが見えていてなかなか楽しかったです。たぶん・・・ですが、X線検査しAIが不良品を除去するという機械があり、たま~に赤ランプが点灯し該当の品がエアでライン外に吹き飛ばされるのを目撃することができました。恐らくは焼割れを見つけているんだと思いますが、こういった「マシン」って見ていて飽きないですね。

検査ラインがよく見えました。

さすが地元のなでしこ。花守ゆみりのサインもあります。

工場の外ではうなぎパイが刺さっているジェラートを売っていました。

土曜の昼どきでしたのでそこそこの人がいました。

 

//

ラトックシステム スマート家電リモコン

スマートリモコンは古い機種を1つ持っているのですが、さすがに1つでは寝室とリビングの両方はカバーできませんでした。
寝室のエアコンは単機能なので、オフタイマーを使うとオンにすることができません。なので、主として寝室で使っています。リビングで使うときにはリモコンを移動させるのですが、外出時にリモコン移動を忘れると家外からエアコン操作したつもりでも動作しません。そうなると帰宅時に冷え切った部屋だったり煮えたった部屋だったりして疲労感がマシマシになってしまいます。

忘れなければ運用でカバーできるのですが、Amazonでほぼ半額の2000円を切る値段で売っていたので思わずポチりました。形状もかわいらしい丸型から、USBメモリっぽいドングル付きになりました。すでに1台あるので設定もほとんど不要です。

これからちょっと便利になりそうです。

//

壁のコンセントにUSB充電器付けてリモコンを挿したの図。もう少し小さめの充電器があると思うので交換します。

 

↓ こちらは従来型