きしのし

おっさんの日記です。旅行、鉄道、ポタ、メシ多めです。

富内線

最終日は帯広から千歳空港に向かう道すがら富内線跡めぐりです。北海道に上陸した日に鵡川に近い春日には行きましたが、今度は終点の日高町側を少しだけですが行ってみました。

日高町駅跡は跡形もなく石碑がポンと置いてあるだけです。気が付かなければ通り過ぎていたと思います。

振内駅跡は鉄道記念館になっています。ホームや駅舎と客車が残されていましたが訪問する人は少ないようですから今後どうなることか不安です。

富内駅跡も同様です。駅舎、ホーム、客車が残されています。ただ、振内駅同様に観光のルートから外れているのでふらっと立ち寄るような場所ではありません。高速道路が近いわけではなく街からもかなり離れています。施設や車両を維持するにはお金がかかりますが、継続的に捻出できるような気がしないので、やはり将来は悲観的だと思います。

というわけで、これにて廃線廃駅巡りは終了なんですが、せっかくなので日勝線の駅にも行ってみました。次回に続きます。

//